ドリフターズ 島津豊久 フィギュアレビュー(ユニオンクリエイティブ)

ドリフターズ 島津豊久 

フィギュアレビュー(ユニオンクリエイティブ)


DSCN7131.jpg

昨日発売のドリフターズ豊久フィギュアが届きました。
豊久のフィギュア化はこれで3回目ですが、これが決定版となりそうです。

DSCN7123.jpg

ドリフターズは関ヶ原の戦の最中に島津豊久が瀕死の重傷を負い、なぜか異世界に迷い込んで
織田信長や那須与一らと共に敵であるジャンヌ・ダルク・土方歳三・ラスプーチンなどと戦いながら国取りする話です。

原作の豊久は結構戦闘狂というかマシーンというかでキティな感じなんですけど、
フィギュアでもその表情が再現されています。
DSCN7125.jpg

原作の独特のタッチが立体物として上手くアレンジして表現されています。
DSCN7124.jpg
DSCN7129.jpg

平野先生の硬質でありながら細やかで流れるようなタッチを感じますね
DSCN7130.jpg
DSCN7126.jpg


よ~しパパ志々雄と並べて飾っちゃうぞ~
DSCN7134.jpg

一体5、000円のこのフィギュア。
昨今のフィギュア高騰の流れからみると
あら、安い
なんて思っちゃうあたり感覚おかしくなってますねw
スポンサーサイト
category
その他フィギュア

Comment

Trackback

http://mikan303.blog.fc2.com/tb.php/113-66a63e33